FC2ブログ

Entries

きみに読む物語

先日、久しぶりにこの映画を観ました。
私のDVDコレクションの内の一作です。

とある老人ホームで、男性が女性にひとつの物語を読み聴かせます。
それは昔、片田舎での夏から始まった、長い純愛の物語.....

私は元から、こういうアメリカの南部・西部近辺を舞台にした映画が好きです。
私自身がその地方の音楽に慣れ親しんでることもあると思いますが、やっぱり時代背景や街の風景に独特のものがあるからかもしれません。

この映画も、田舎町の外観や、当時の人々の服装(特に女の子たちの流行の服)をとても大事にしていると思いました。
遊園地での出逢い、路上でのダンス、アイスクリームを食べたり池に飛び込んだり...
無心で家を建てる主人公、白鳥の棲む湖.....
ひとつひとつのシーンがどれも丁寧に描かれ、ふたりの愛の深さをより克明なものにしています。
役者たちの演技はもちろんなのですが、それに加えて映画全体の作りが綺麗だな、と感じました。

実は初めて観る前の先入観では、日本によくあるような、泣ける、というより泣かせようとする純愛映画のハリウッド版かなと思っていたのですが、違いました。
若い恋人たちの波乱万丈な恋愛と同時進行していく、ホームでの老人2人の温かな感情溢れるやり取りが、私たち観客を包み込んでくれます。
そして二つの物語がひとつになったとき、またそこに新たな恋物語が生まれるのです。
元々、原作がアメリカでベストセラーになっているお話ですから、そっちのファンの方から観たら、満足いかないところもあるかもですよね。
でも、そういう先に人気が出ていたのを映画化したものの中では、楽しめるように創られているのではないかと思います。(残念ながら、泣くことはできませんでしたが 笑)


そうそう、老人ホームでのアリーを演じたジーナ・ローランズ、有名ないわゆる大御所女優で私も大好きな人なんですが、今作の監督ニック・カサヴェテスは彼女の実の息子さんなんですよね。
認知証の老人役に母を使うというのは、私情を持ち込まずに監督業をこなしている感じで好感が持てました。

これは物語とあまり関係のないところなので余談となりますが、好きなジャンルの音楽が流れるので、(それにフィドルも出てきてる!!)夜のバルコニーで、バンド演奏に合わせてタップを踏んだりくるくる踊ったりする短~い場面が実はとっても好きだったりします笑
スポンサーサイト



スターダスト

表題からして私の好みなこの映画。先日遅ればせながら映画館にて観てきました。

『SHOWBIZ』というTV番組をご存知でしょうか??
私は毎週見ているんですが、これはアメリカのロードショー中の映画をランキングで紹介しているものなんです。
で、この番組で初登場した頃から気になって気になってしょうがなかったもののひとつがこの『スターダスト』!!
一言でいうと、壮大なファンタジーですね。舞台がイギリス(製作もアメリカとイギリス合同みたいです。)なんですが、さすが!!と言えばいいんでしょうか。古典的な魔法の世界がぶわぁぁっと広がっております。
主役は落ちてきた流れ星という、今までありそうでなかった新しい要素なんですが、周りを囲む登場人物が、邪悪な魔女、空飛ぶ海賊、王位を狙う王子たち...
そう、ありがちなキャラクター揃いなんです笑
しかし、これを見事に造り上げた製作陣と役者に拍手!!

役者に関しては、特筆すべきはロバート・デ・ニーロ。海賊のキャプテン。
かっっっっこい........いぃ!?笑 でも最高にいい!!
↑この意味はぜひ本編で。もしくはこの下に書くネタばれ部分で。
彼の役者魂は素晴らしいと思います。どこかでこんな記事を読みました。
『彼曰く、「俺は嘘の演技ができないんだ」』実際に演技を見れば、その意味わかる気がします。

主役の2人もいいですね。
クレア・デインズは、実は『若草物語』しか知らなかったんですが、美人さんだけで終わらない、個性的な大人へと成長したなぁっと思いました。
『カサノバ』のチャーリー・コックスも、最初は冴えなくてなぜこの人が主役!?なんて感じましたが、
制作側の作戦だったんでしょうね。まんまと引っかかりました。
この物語のキーポイントのひとつでもある彼の成長ぶりがほんとに上手に演じられてました。
最後の方なんか恋しちゃいそうなほどかっこいい笑

この映画、結構コミカルに創られてて、笑えるところもたくさんあります。
例えば王子の亡霊たち。現世では醜い争いをしていた彼らが、死んだとたんに仲良く談話を始める。
現世で起きていることを冷静に評論している場面はホントにおかしい。
でもよく考えると、それって人間の『欲』の怖さを物語ってるのかしら。
争いと関係なくなったとたんに、なわけですから。
そういえば、ミシェル・ファイファー演じる魔女も、『欲』の塊ですよね。
若さと美貌欲しさに襲撃してくる訳ですから。
もしかしてこの楽しい映画の裏には、欲深い人間の恐ろしさが描かれていたんでしょうか。

さて、そろそろここらへんからネタばれ始まりますのでご注意を。

まず先ほどちょっと書いたロバート・デ・ニーロですが、とっても恐れられているキャプテンなのに、
実はオカマ趣味の心優しいおじさんなんです。笑
それを上手く演じきったロバートに拍手!!ですね。
彼のおかげで主役の青年トリスタンはかっこよく変身していくのです。
とくに王子が攻めて来た時の場面。
『KAN・KAN』の曲に合わせて踊るキャプテンは実にチャーミングです。

それからピーター・オトゥール演じる王様の7人の息子たち。
王位継承のため、次々と殺し合っていく残酷な兄弟ですが、どうやら王位に関係のない妹には全く関心がない様子。
そんな妹が実はトリスタンの母だったなんて、彼らからしてみたらとんだ番狂わせだったでしょう。


長くなってしまったのでこのへんでお終いにしようかしら笑
『スターダスト』、世界観や魔法や、背景の色彩など(CGが所々お粗末だったのだけ残念!!)、私のツボにストライク!!でした。
ご興味持たれた方は、ぜひともご覧ください。

手始めに☆☆☆

始めることにしましたブログ!!
基本的にこういうのに疎いので、やりたいな~、でもやれるかな~...
と悩んでましたが、やってみないことには何も始まりませんよ!!と自分を励まし作ってみました。
観た映画についての基本情報や感想(個人的な評価あり)を中心に書いていこうと思います。
映画の他にも好きなことがたくさんある浮気者な管理人ですので、感じたことを思いのままに書き連ねていこうかと。そう、徒然なるままに...。
あっ!!わたくし、怖いもの系統はめっぽう苦手でございますので、そのような映画や話題は避けて通る気満々です。おほほ。
こんな私ですが、これからどうぞ、よろしくお願いします☆

Appendix

FC2カウンター

プロフィール

じんの 紗々

Author:じんの 紗々
どうも~。映画大好き管理人の紗々です。
といっても、ホラー系統の映画に関してはダメダメなんですが(苦笑
ドラマ・ラブストーリー・コメディ映画を中心に展開していきます。
みなさまよろしゅうお願い致します☆

最近の記事

最近のトラックバック

ブログランキング

よろしければ押してください。励みになります☆

FC2ブログランキング

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる