FC2ブログ

Entries

あなたになら言える秘密のこと

20061130013fl00013viewrsz150x.jpg



私は無知だ。
この映画を見てとにかくそう思いました。

今までいろんな映画を観てきたし、
学校で戦争について多少は学んだ。
昔は怖くて観れなかった類いの戦争映画も少しずつ観れるようになってきたからか、
私はなんとなく物知りのつもりになっていたのかもしれないですね。

そんなときこの作品に出会いました。
製作や監督からして、一癖あるだろうなとは思ってたけど、おそらくはラブストーリーというジャンルに片付くであろう、そんな具合に観始めたんです。

心に傷を負った女性が職場の人間とうまくいかず、会社から1ヶ月の休暇を提案される。
することのない彼女は、事故で火傷を負った男性の看護に就き、石油採掘所に赴く。
彼は怪我のせいで一時的に目が見えなくなっているものの、自分についていっさい語らない彼女に話しかけ続ける。
他愛もないこと、
共に働く同僚について、
そして自分の抱える過去、
秘密。
そんな彼に、彼女も心を開いていく。
同時に、周りの人々との会話やおいしい食事、生きる喜びを取り戻していくのだった。
ある日、彼女は寝たきりの彼に話し始める。
昔、自分の身に何が起きたのかを。


人は皆何かを抱えて生きている。
それを大きい小さいと、他人の過去と比べることはできないと思う。
些細なことに見えるものでも、当人には大変なトラウマなのかもしれないから。

しかし、そういうものを超越して、悲惨なこともある。
それが戦争。

彼女の過去はクロアチア紛争につながっていた。
私はその戦争を全く知らなかった。
どんなことが原因で起きたのか、
どんな酷いことが行われていたのか。
知らなかったのです。

この映画は戦争映画ではなく、ひとりの女性が生きる気力を取り戻していくヒューマンドラマで、やっぱりラブストーリーも含まれている。
ストーリー全体もとっても良かったと思います。
淡々とした映画が苦手でなければ、是非おすすめしたい作品です。

そうなんです、戦争映画じゃないんです。
なのにすごく戦争というものの残酷さを思い知らされました。
人間を狂わせていく、壊していく、
傷つけていく。
主人公の秘密の告白はあまりにショックなものでした。
インターネットで思わずクロアチア紛争について調べてしまったくらいに。

観終わった後に、2つの感情が心に残りました。
彼女が再び人生を歩みだせて良かった。
という、映画全体に対しての思い。
戦争って・・人間って・・
そういう苦い思い。

それでも観て良かったって気持ちがすごく大きかったんです。
こういう映画、もっと本格的な戦争映画もそうですけど、目をそらしてはいけないものがそこにあると思うんです。
(ちなみにこの作品は、映像としては全然怖いシーンないですよ。主人公が語っているだけなので。)
自分と同じ人間が、同じ地球で何をしてきたか。
知るべきだし学ぶべきだと痛感します。
私は怖いものを見るのが苦手なので、ついつい遠ざけてしまいますが、
これから少しずつでも知っていこうと思います。
そして語り継いでいこうと思います。
私と同じ、戦争を知らない人たちに。

と、なぜか戦争戦争とそればっかりになってしまいましたが、
この映画は他にも素晴らしいところがたくさんあります。
そして中でも光っていたのはティム・ロビンス。
火傷の患者を素敵に演じています。
彼も背負っている秘密があるのですが、(これは戦争と関係なし。)それでもチャーミングで、生きることに希望を見いだそうとしている。

心に傷を負ったもの同士がふれ合い、支え合っていく姿に胸が熱くなりました。
立ち直れないくらい大きな傷がある。生きることが罪に思えるくらいに。
でもいつか、打ち明けられる人がきっと現れる。
手を差し伸べてくれる人がきっといる。
もう一度歩き出そう、そう思えたらこの世界は輝きだす。

静かに感動が心に広がる作品に出会いました。

スポンサーサイト



リプレイスメント

突然ですが、私は運動音痴です。
故にあまりスポーツが好きではなく、(種類によっては好きですよ。)
故にスポーツが題材の映画も何となく疎遠になりがちです。

そんな私が久しぶりに観たのがこの映画。
アメフトなんてちっともわかんないのに・・・これが面白かった!!

プレーオフ出場まであと一歩という時に、選手たちが昇給を訴えてストライキに入ってしまったアメフトのチーム。
そこでかつての名監督(ジーン・ハックマン)が、代理選手(リプレイスメント)によるチームづくりを依頼される。
そこに集められたのは、揃いもそろってくせ者たち。
その中でもクォーターバックに指名されたのは、才能がありながら精神面の弱さが原因で引退してしまった選手(キアヌ・リーブス)だった。


この変わり者の選手たちが、人間臭くて親近感がわくのです。
牧師に力士(どうみても日本人じゃないのが笑っちゃった)、
優秀な選手だけど耳が不自由だったり、
はたまた囚人だったり。
ウェールズ出身の元サッカー選手(どこかで観たことあると思ったら、『ノッティングヒルの恋人』の同居人だ!!)は借金まみれだし、
S.W.A.T隊員は血気盛んにも程がある。
足の速さが自慢だけど、普段はそれを万引きにしか活かしてないムードメーカー。
ボディガードを仕事にしている兄弟は見るからにおっかない。

そんなチームの中心になるべきクォーターバックは、先ほどあらすじで紹介したキアヌ演じる、ここ一番で力の出せない才能ある元選手。

前半の練習や第一試合はめちゃめちゃ、
おいおい大丈夫なのかと心配してしまうほどです。
観ていて苦笑、ってかんじなんです。

それが思わぬことで団結力が固まってからは、ぐんぐん力を発揮していきます。
ですが、汗と涙の練習で・・・とか、試合のピンチで・・・とかじゃないんですよ。
アメフトと全然関係ないシーンでみんなの絆が強くなるんです。
それがまた良いんですね~。

それから、彼らを育て上げる監督が素敵なんです。
何よりも熱い『ハート』を大切にする人。
一筋縄ではいかない選手たちを、本当に上手に引っ張っていく。
彼のおかげで、一人一人自分の特性、長所を最大限に出すことができるんです。
こういう人が、自分の人生にも現れてくれるといいなってつくづく思います。

スポーツ一色ではなく、人間ドラマであったり、ラブストーリーなんかも絡んできたりするので、私のような苦手意識のある方でも、すんなり観れるんじゃないでしょうか。
実際、アメフトのルールは全く知らない私でも、ストーリーがわからなくなることはありませんでした。

何かにつまずいて、もう一度チャンスを与えられたとき、怖じ気づいてしまったら、一歩が踏み出せずにいたら、この映画を観るのも良いかもしれませんよ。

今宵、フィッツジェラルド劇場で

326232view003.jpg




まずは出演している豪華キャストの名前を挙げて、今回の記事を書き始めたいと思います。

メリル・ストリープ/リリー・トムソン  二人は姉妹のシンガー役。
リンジー・ローハン  メリルの娘役。
ウディ・ハレルソン/ジョン・C・ライリー  カウボーイシンガー役。
トミー・リー・ジョーンズ  劇場の首切り人役。

なかなか豪華じゃないですか??
しかもトミー・リー・ジョーンズ以外は歌声を披露してくれています。
そしてもう一人。

ギャリソン・キーラー

・・・と言われてもピンとこないですよね。
私も知らない人でした。笑
では何故彼が重要かというと。
それはあらすじの後でもう一度話題にします。

閉鎖されることが決まったフィッツジェラルド劇場。
ここでは公開ラジオの収録が長年行われてきた。
そして今宵、最後のラジオショーが始まる。
続々と出演者たちが集まり、舞台裏では話に花を咲かせ、ステージでは想いのままに歌っていた‥。
家族同然の出演者たち。
彼らのもうひとつの家であった劇場。
歌とともに夜は過ぎていく。

本作はロバート・アルトマンという監督の遺作となりました。
まさにフィッツジェラルド劇場と共に幕を閉じたのですね。

実はこの作品には元になった本当のラジオ番組があるそうです。
『プレイリー・ホーム・コンパニオン』
そして先ほどの話はここに続きます。
この実在のラジオショーのホストがまさに、ギャリソン・キーラーなのです。
つまり本人役としての登場だったんですね。
本作でも、流れるようなトーク、そしてとても良い歌声を聴くことができます。

他の俳優さんたちも皆、歌がうまいです。
ジャンルはカントリーなんですけど、(だからこの映画観たんですけど 笑)曲も有名なものがいくつか含まれています。
とくにメリル・ストリープの歌唱力にはビックリしました。
カントリーって、歌い方に節回しみたいなのがあるんですけど、それがすごく上手だと思いました。
あとは『シカゴ』に出演していたジョン・C・ライリーも、また違った味で歌を歌っています。

さて、この映画、一応フィクションなんですけど、ドキュメンタリータッチで描かれています。
なので、これといった山場とか、盛り上がりがありません。
私としては、ストーリーを深追いするよりは、曲とその空間の雰囲気を楽しむ映画だと思っています。
出演を控えた歌手たちが、楽屋で思い出話や世間話に盛り上がる。
出番が来ると、話も途中のままステージに出て、同じノリのまま、でもプロとしての意地を持って歌い上げる。
そして戻るとまた話の続きをし始める。
同じ音楽をやる者としては、その雰囲気がすごく楽しめました。
演奏者でなくとも、音楽が好きな人ならば、楽しめるのではないでしょうか。

紅茶でも片手にして、気楽に観ることをおすすめします。

最後に中でもお気に入りの曲をリストアップして、記事を終わらせましょう。

♪ソフトリー・アンド・テンダリー
♪マイ・ミネソタホーム
♪金の時計と鎖
♪グッバイママ
♪赤い河の谷間





嫌われ松子の一生

20060317004fl00004viewrsz150x.jpg


やっと購入しました。
DVDコレクションの仲間入りです笑

荒川で発見された中年女性の遺体。
殺されたその女性の名は川尻松子。
彼女の甥は父親の頼みで、今まで存在すら知らなかった伯母のアパートの片付けに向かう。
そこで彼は、松子が送ってきた人生を知る。
人に愛されたくて、一生懸命人を愛した。
不器用な松子の愛すべき転落物語である。

例えていうなら和製『ダンサー・イン・ザ・ダーク』!?(ちょっと違うかなぁ 笑)
もっともっとポップですけど。
現実はかなり不幸なので、傾向としては似てるかなと。

はっきり言って、賛否両論だと思います。
何せ原作では上下巻2冊使って繰り広げられる松子の人生を、2時間ちょっとにまとめなきゃいけないわけですから。
当然、松子の心情や他の登場人物のバックグラウンドも薄くなる。
松子という人間が、見ようによっては軽くなってしまうかもしれないです。

でもそこは、映画は映画と完全に割り切って観ることをおすすめいたします。
すごいスピード感
溢れる色彩
ミュージカル仕立てのテンポの良さ
映画でしか表現できない新たな『松子』なんです。

実は私も原作ファンなので、最初に観た時は大丈夫か!?と疑心暗鬼でしたが、
これはこれで全然ありです。
中谷美紀もすごく上手い!!
確か日本アカデミー賞主演女優賞取りましたよね??

もちろん最後は彼女の人生の幕引きで終わりますし、そういう意味では悲劇かもしれません。
だから多少のやり切れなさは観終わったあとに残るかも。
それだけじゃ終わらせない!!きっと監督はそう思ってこの映画を撮ったはず。
これはエンターテイメントなんです。
あたかもひとつの舞台が千秋楽を終えたような、ラストの描き方が私は好きです。

さっきも書きましたが、もしかしたら好き嫌いのはっきり別れる映画かも知れません。
私の場合は面白かった。
松子の『愛』を捨てなかった人生を、歌と合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか。


Appendix

FC2カウンター

プロフィール

じんの 紗々

Author:じんの 紗々
どうも~。映画大好き管理人の紗々です。
といっても、ホラー系統の映画に関してはダメダメなんですが(苦笑
ドラマ・ラブストーリー・コメディ映画を中心に展開していきます。
みなさまよろしゅうお願い致します☆

最近の記事

最近のトラックバック

ブログランキング

よろしければ押してください。励みになります☆

FC2ブログランキング

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる